×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外国為替証拠金取引を目指すあなたへ!!  更新日時: 2005年4月10日

外国為替証拠金取引にはメリットがいっぱい!!

■日本株のリスクヘッジに使える
最初の投資として外国為替証拠金取引を始める人は多くないはずです。おそらく最初は日本株の現物取引、そして少し慣れたところで日本株の信用取引を行ってきたのではないでしょうか。
日本株投資をしている人にとって、外国為替証拠金取引を合わせて行うことは、リスクヘッジになります。

具体的にはどういうことでしょうか。
日本株の上昇局面では為替レートも円高方向に進むことが多いのです。必ずとは言い切れませんが、一般的には、外国人が日本株を買うために円を買う必要がありますから、日本株上昇 = 円高 という図式が成り立ちます。
ですから、これを逆に考えると、日本株下落 = 円安 になります。つまりドル高になるのです。保有していた日本株が下落すると、当然含み損が出ることになります。 
しかし、この時にドルを買い持ちしていたらどうでしょうか。ドルは上昇方向ですから、為替変動による含み益が出る可能性があります。日本株下落の含み損を、ドル買いの為替差益で相殺できるということです。

■日本株信用取引の金利をスワップポイントでカバーできる
日本株を信用取引で買い建てすると、年間2%程度の金利を支払わなければなりません。例えば、100万円の自己資金がある場合、信用取引では300万円ほどの買い建てができます。6ヶ月が決済期限ですが、銘柄を入れ替えながら1年間保有した場合、年間で6万円の金利を支払うことになります。儲かっていればたいした金額ではないかもしれませんが、含み損を抱えて仕方なく保有している場合には、非常に痛い金額と言えるでしょう。
しかし、外国為替証拠金取引をしていれば、日本株信用取引によって生じる金利をスワップポイントでカバーすることができます。

これも、具体的に考えて見ましょう。
2005年4月現在、最も利回りの良い通貨の組み合わせは、ニュージーランドドル/円で、年間利回りは5%で運用すると、135.6%にもなります。これを1万単位買うのに必要な資金は1Nドル77円として3万8,500円です。これを1年間保有していれば、スワップポイントして、5万2,206が受け取れます。ロスカットされないために、3倍の保証金を預け入れたとしても11万5,500円です。
つまり12万円の資金を、外国通貨証拠金取引の口座に入金し、そのうちの4万円程でニュージーランドドルを1万単位買い持ちしていれば、年間5万2,206円の金利が受け取れ、300万円分の日本株の信用取引にかかる6万円の金利の支払いをカバーできるのです。

米ドルの場合はどうでしょうか。
米ドルのスワップポイントは1日当たり81円となっていますから、年間で2万9,565円になります。6万円を受け取るためには2万単位買い持ちする必要がありますから、1ドル110円として11万円になります。スワップポイントのページで考えたように、必要保証金5%、ロスカット水準25%の時の安全保証金は、買い付け資金の3倍でしたから33万円になります。
米ドルの場合は、33万円の資金を、外国通貨証拠金取引の口座に入金し、そのうちの11万円で米ドルを2万単位買い持ちすれば、年間5万9,130円の金利が受け取れ、300万円分の日本株の信用取引にかかる6万円の金利の支払いをカバーできます。

いかがでしょうか。外国為替証拠金取引のメリットに驚かされるのではないでしょうか。


TOPへ戻る