×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



外国為替取引を始めるあなたへ!!  の訪問者がありました。
フクロウの外国為替取引
デイトレード
Owl's Day Trade
こんにちは。森のフクロウです。
恐る恐る外国為替証拠金取引を始めました。
  

最近の売買履歴 >> 2005年8月1日 〜

  *SPはスワップポイントのことです。決済した時点で計算いたします。  
コメント:ニュージーランドドルを1万単位買い持ちしているので1日あたり120円のスワップポイントを受け取っています。

■親サイト フクロウのデイトレード 株式売買履歴公開 もご覧ください!!

■外国為替取引を始めるあなたへ!! 今月の日別成績一覧

 ■外国為替証拠金取引のメリット
  ・スワップポイントを受け取れるという魅力
  ・決済の期限を気にしなくてよい
  ・日本株のリスクヘッジに使える
  ・24時間いつでも取引できる
 ■リスクを理解する
  ・余裕のある資金で始めよう(20万円ほど)
 ■具体的な戦略
  ・スワップポイントを狙うならドル買いのみで
  ・デイトレードなら売りからでも

2005年8月                    過去の日別一覧


2005年のトータル損益       >>    ¥25,323円

■取引会社1
■オリックス証券
現在、ここをメインで利用しています。チャートも見やすく操作性も非常に良い!!株式口座と為替口座の間で資金をネット上から移動できるので便利です。手数料は往復600円ですが、米ドル/円のスプレッドは3銭と安くなっています。9銭以上の値動きで利益が出ます。為替取引がはじめててで不安な人は、オリックス証券で、まず国内株式口座を開設し、その後、為替取引の口座を開設すると安心です。
■取引会社2
■北辰物産株式会社
片道手数料2.5銭。米ドル/円のスプレッドは3銭です。スワップポイントを受け取れる会社としては、ここが最安値だと思います。(もちろん、もっと安い会社も存在しますが、信用の問題もありますので・・・)初回最低入金額10万円から始められます。お金を入金しなくても、30日間のデモトレードが体験できますので、とにかく資料を請求して始めてみましょう!!
■取引会社3
■ひまわり証券
ここの魅力は、なんといってもデイトレード口座の手数料が無料ということです。米ドル/円のスプレッドは5銭なので、5銭以上の値動きで利益が出ます。これはかなり良い条件です。ただし、必ずその日のうちに決済しなければなりません。売りからも入りたい人、短期に徹する人はここが良いでしょう。日本で初めて個人向けに外国為替証拠金取引を始めた会社なので実績があります。
■取引会社4
■三井物産フューチャーズ(株)
まず、大手三井物産なので安心です。取引手数料は片道500円、往復で1000円ですが、デイトレードなら決済分が無料になるので、実質は500円です。米ドル/円のスプレッドは5銭ですから、10銭以上の値動きで利益が出ます。注文の値段が10秒間固定されるのも初心者には、安心感があって良いです。20万円から投資できるので、最初はココで問題ないでしょう。

















   

 
■外国為替証拠金取引を始める前に知っておくべきこと 取引履歴

■リスクの大きさについて理解していれば、それほど怖くはない
証拠金取引とは、レバレッジ(てこ)を効かせた投資の方法です。預け入れる現金の何十倍もの取引が出来る利点がありますが、予想に反したわずかな値動きで大きな損失になったり、追加の現金を差し入れなければならなくなる可能性もあります。ですから、常に余裕を持った資金の運用が絶対条件です。「預け入れた現金の半分以上の投資はしない」などの自分なりのルールーを作り、それを必ず守るようにしましょう。そうした謙虚な心構えがあれば、それほど怖い投資ではありません。

■取引会社選びは重要。ポイントは3つ。信頼と取引コストと倒産のリスク。
外国為替証拠金取引を始めるにあたり、どの会社に口座を開いて取引するかはとても重要です。なぜなら、為替取引では悪徳な会社も結構あるからです。こんな会社につかまると、うんざりしてしまうので十分注意しましょう。
良い会社を選ぶポイントは次の3点だと思います。
1.信頼のおける会社かどうか
信頼できない会社とは、絶対に取引してはなりません。儲かる話ばかりするところや、極端に大きなレバレッジ(100倍や200倍)での取引を勧める会社は要注意です。大手で名前の通ったところを選ぶようにしましょう。
2.取引コスト
為替取引の取引コストは、売買の手数料だけではありません。スプレッドと呼ばれる、売り手と買い手の値段の差も重要になってきます。米ドル/円で5銭のスプレッドが目安です。いくら手数料が安くてもスプレッドが大きければ同じことです。取引コストは、あくまで 手数料+スプレッド ということを覚えておきましょう。
3.倒産のリスクのない会社か
株式投資の場合、取引証券会社が倒産してしまっても、預け入れた現金や株券は保護されます。しかし、外国為替証拠金取引では、取引会社が倒産した場合は、預け入れた保証金を保護するようにという法令がありません。いくら良心的な会社であっても、倒産してしまうような会社とは取引してはならないのです。三井物産フューチャーズなどでは、会社独自に「信託分別保管」という制度を設けて、万一のことがあっても、お客の預け入れ金が保護されるように取り決めているようです。

■デモ取引で練習して取引に慣れよう!!
為替取引と株式投資は似ていますが、売買の方法や取引報告書の記載などが多少異なり、始めのうちは、戸惑うことも多いです。そういうわけでか、多くの会社でデモ体験取引ができるようになっています。このページで紹介したすべての会社で、デモが体験できます。少なくとも何週間かは、これで練習すると良いでしょう。

■自分なりのスタイルを確立することが、利益を生みだすコツ!!
株式投資と同じで、自分にあった投資スタイルを見出しそれを忠実に実行するのが、利益を生み出すコツです。もちろん、努力を惜しまず勉強しなければダメです。各会社のホームページでも親切に解説してくれているので、それをよく読みましょう。私も、始めたばかりで、まだ分からないことも多いです。自分なりのスタイルが確立できたら、このサイトで紹介しますので、また訪問してください。


2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月






お得情報!!
口座開設でもれなくギフト券プレゼント!!


 メール   リンク    
      


フクロウのデイトレードへ行く